家電・ガジェット

AirPodsPro2の評価・レビュー!音質や初代AirPodsProとの比較、おすすめイヤーピースやケース

AirPodsPro2の評価・レビュー!音質や初代AirPodsProとの比較、おすすめイヤーピースやケース

発売から数年が経過したAppleの大人気ワイヤレスイヤホン「AirPodsPro」。

そんなAirPodsProも、2022年9月23日(金)にいよいよ新型が発売されました。

この記事でわかること

新型AirPodsPro2の使用感・音質を本音レビュー
■初代AirPodsProとの違いや比較
■初代からAirPodsPro2買い換える価値はあるか?

忖度なしにかなり正直にレビューしています(苦笑)。良いところだけでなく悪いところも書いてます。

話題のAirPodsPro2はどんな感じなのか、初代AirPodsProと比較してどんなところが変わったのか、他のワイヤレスイヤホンと比べてどうなのかが気になっている方はぜひ参考にしてください!
しばらく使ってみてからレビューを順次更新します!記事では「他社イヤホンと比べて音質は微妙」と書いているんですが、エージングの影響なのか徐々によく聞こえてきました…

ちゃんもぐ
ちゃんもぐ
これまで10種類以上のワイヤレスイヤホンを使ってきた筆者がレビューします!
私自身は今までSONYの「WF-1000XM4」をメインで使っていましたが、AirPodsPro2は気になりすぎて購入してしまいましたw
私はApple公式で購入しましたが、Amazonの方が5%(1990ポイント)還元されるのでお得です!

iPhone・iPad関連レビュー記事
▶iPhone14ProMax
【NEW】
▶MOFTスタンド
▶AirPodsPro2
【NEW】
▶AirPodsPro
▶iPhone12ProMax ▶Apple Pencil2
▶iPad Air4 ▶iPhone SE2
解説系の記事
▶iPhone13の考察 ▶検索バーを戻す方法
▶新製品発表会の解説 ▶マクロ撮影のオンオフ
▶機種変更時にやること  
目次(タップできます)
  1. AirPodsPro2の基本情報・外観
  2. AirPodsPro2(第2世代)の評価・音質レビュー
  3. AirPodsPro2でカスタマイズしておきたい設定
  4. 初代AirPodsProから買い換えるべきか?
  5. AirPodsPro2におすすめのケース・アクセサリ
  6. AirPodsPro2の特徴・新機能
  7. 【過去分】AirPodsPro2(第2世代)の最新リーク情報と性能予想
  8. まとめ:AirPodsPro2はバカ売れ確定のイヤホン

AirPodsPro2の基本情報・外観

AirPodsPro2の基本情報

AirPodsPro2の基本情報

AirPodsPro2は、Appleが販売する完全ワイヤレスイヤホンです。

初代AirPodsProも完成度の高いイヤホンでしたが、AirPodsPro2は全てがパワーアップしています。

価格は39,800円とワイヤレスイヤホンの中では高価な部類ですが、安定した音質とノイズキャンセリング機能で生活を豊かにしてくれます。

AirPodsPro2の同梱物

付属品はシンプルに以下の3つになります。

  • AirPodsPro2本体
  • 充電ケーブル(Lightning to UCB-C)
  • イヤーピース(XS、S、M、L)

初代AirPodsProにはなかったXSサイズのイヤーピースが付属しています。

AirPodsProは、耳にぴったりサイズで装着することが大事です。

設定画面から適正サイズかチェックすることも可能ですので、「合わないな」と思ったらイヤーピースのサイズを変更してみましょう。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥39,800
(2022/09/30 22:24:59時点 Amazon調べ-詳細)

外観や初代AirPodsProからの変化点

外箱はイヤホンの向きが違う

AirPodsPro2の外箱はイヤホンの向きが違う

細かい部分ですが、外箱の違いから見ていきましょう(笑)。

裏面は明らかに違うとして、表面もイヤホンの向きが微妙に違うのがわかりますでしょうか?

まぁそれだけなんですが、外箱も違いがありますよということで(苦笑)。

充電ケースにスピーカーとストラップホールが実装

AirPodsPro2から充電ケースにスピーカーが追加されました。

これにより「探す」機能でケースから音を出すことができるようになります。

この音が結構大きいので、普段からAirPodsを失くしがちな方はかなりありがたい機能ではないでしょうか。

充電ケースにスピーカーとストラップホールが実装

ケースの横にはストラップホールが追加されました。

これまでフックを使うにはケースを付ける必要がありましたが、ストラップホールのおかげでケースに直接ストラップを付けることができます。

ただ、ケースを付けてない状態でストラップを付けると見た目は美しいですが、傷が怖いですね(苦笑)。

イヤホン本体はマイクの位置が違うだけで形状は同じ

イヤホン本体はマイクの位置が違うだけで形状は同じ

イヤホン本体の形状は全く変わりません。

違いとしてはマイクの位置が初代は下、2は上にあるということでしょうか。

これがマイク使用時のノイズ除去にも影響している…のかは謎ですが、まぁ見た目の違いは殆どないと思っていいでしょう!

もし初代と2をごっちゃにしてどっちがどっちかわからなくなった場合の参考にして下さい(笑)

AirPodsPro2(第2世代)の評価・音質レビュー

外音取り込み機能が超絶進化

外音取り込み機能が「適応型環境音除去」実装で超絶進化

最初に紹介したいのは「外音取り込み」です。

ノイズキャンセル性能がピックアップされることが多いですが、個人的にはAirPodsProの最大の特徴は外音取り込みの自然さだと思っています。

イヤホンつけてないのと同じ感じといいますか、ここに関しては他社のどのワイヤレスイヤホンよりも性能がいいなと感じます

レジで少し会話が必要なときとか、イヤホンをしながら外部の音も取り入れたい場面では本当に重宝します。

AirPodsPro2から実装された「適応型環境音除去」は、正直あんまりわかりませんでした(苦笑)。

効果最大にしたんですけどね…。効果がわかったら追記します!

ちゃんもぐ
ちゃんもぐ
最近は物騒な事件も多いので、外でも外音取り込みを使う機会が増えています…。使用頻度が高い機能なので、音質は求めたいところ。そうなるとAirPodsPro2一択なのかなと!

ノイズキャンセル機能も大幅進化!高音以外はほぼ無力化

ノイズキャンセルもAirPodsPro2の性能の高さに驚かされました。

初代AirPodsProもノイキャン性能は高かったですが、AirPodsPro2はそれ以上ですね

多少の高音域は消しきれないものの、電車内での走行音はもちろん、普通に歩いている時の外の音は何も聞こえません。怖いくらいです(笑)。

音楽を流さずにノイズキャンセルだけでこういう状態なので、少し音量上げて音楽をかけたら外の音は一切聞こえません。

ノイキャンの強さのわかりやすい例えで言えば換気扇の音でしょうか。

換気扇の音量が「弱」ならほとんど音をかき消し、「強」でもわずかに高音が聞こえる程度です。

テストした後にAirPodsPro2を耳から外すと「換気扇の音うるさww」ってなるので、静寂を手に入れたい方には本当におすすめです

参考までにノイズキャンセルのみオンの状態(音楽は再生していない)での様子は以下のとおりです(どれも音楽を流せばほぼ気になりません)。

  • 駅のホーム:電車の音は消えるがアナウンスは聞こえる
  • 電車内:基本無音だが、電車がすれ違ったときの音は聞こえる
  • 大通り:バスやトラック、バイクのエンジン音は微かに聞こえる
  • 人の声:意外と貫通して聞こえる。もっと消えてほしい…
ちゃんもぐ
ちゃんもぐ
公式サイトでは「2倍のノイズキャンセリング」と記述がありますが、正直2倍は言いすぎだろと思いました(苦笑)。1.3倍くらいな印象です。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥39,800
(2022/09/30 22:24:59時点 Amazon調べ-詳細)

音質は初代AirPodsProから着実に進化

音質は初代AirPodsProから着実に進化

音質に関しては個人の好みや普段どんな音楽を聞いているかによって感じ方が変わってくるので一概には言えないのですが、正直ベースで書くと以下のような感じです(iPhoneに接続して聴き比べた感想です。コーデックはAAC)。

  • 初代AirPodsProよりは中高音域がクリアになっている
  • 低音も初代よりは出ている
  • AirPodsPro2単体で見れば音はかなり良くなった
  • 中高音はかなりクリア、低音も初代からは進化
  • SONYやゼンハイザーと比べてしまうとやや劣る
  • 歌ものは音の解像度が高くめちゃくちゃ聞きやすい

Twitterを見ると「音質めっちゃいい!」「デフォルトでは音良くないがカスタムオーディオすれば音質良くなる」といった書き込みが多く見受けらますが、確かに音質はかなり向上しています。

自分はデフォルト状態ではやや籠もった印象があったんですが、カスタムオーディオを設定してから音の解像度が自分好みに進化しました!

最初はSonyのWF-1000XM4に音質では及ばないなと感じていたんですが、数日フルで使っていく中でエージングやパーソナライズされたのか、かなりいい音になってきました。

使い始める前にカスタムオーディオ設定はマストだなと感じますね。

ちゃんもぐ
ちゃんもぐ
正直「音質だけ」で比べるとSonyのWF-1000XM4には及ばないなと感じます。ただ、iPhoneやMacとの連携やノイキャン、外音取り込みなど、イヤホンの総合力ではAirPodsPro2が勝っているなと感じます!

【ソニー】WF-1000XM4レビュー!AirPodsPro2やゼンハイザーMomentum True Wireless 2と比較
【ソニー】WF-1000XM4レビュー!AirPodsPro2やゼンハイザーMomentum True Wireless 2と比較ソニー(SONY)のワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」の特徴をレビューしています。ハイレゾ対応や進化したノイズキャンセリング、ワイヤレス充電対応や防滴機能など製品情報をとことん紹介。ペアリングの方法、Momentum Ture Wireless2やAirPodsPro2との比較もあります。ソニーのWF-1000XM4の購入を検討している方は参考にしてください。...

空間オーディオのパーソナライズで没入感が大幅アップ

空間オーディオのパーソナライズで没入感が大幅アップ

iOS16から空間オーディオ(ドルビーアトモス)のパーソナライズができるようになりました。

空間オーディオとは、AirPodsProだけで映画館やライブホールにいるような臨場感のある音を楽しめる機能です。

パーソナライズを行うことで、その人に合わせた音の出し方をAirPodsPro2の方で調節してくれます。

初代AirPodsProで空間オーディオを試した時はイマイチ効果を感じられなかったのですが、AirPodsPro2ではしっかりドルビーアトモスの効果を感じます!

個人的には音楽より映像の方が効果を実感できました

音楽ではリバーブが聴きすぎてる(やや音の輪郭がなくなる)と感じることがあるので、基本的にはオフにしてます。

マイク音質は遅延が少なく周辺ノイズも大きく除去してくれる

マイク音質は遅延が少なく周辺ノイズも大きく除去してくれる

実際に会社のWeb会議でも使ってみた感じ、Bluetooth5.3のおかげか遅延がかなり少なくなったと感じました!

これまで喋っている映像と聞こえてくる音声のタイミングに微妙なズレがあったんですが、AirPodsPro2では遅延がほとんど気になりません(これは動画を見るときも同様です)。

また、初代AirPodsProでは声以外の周囲の音を結構拾っていた印象なんですが、AirPodsPro2では周囲の雑音もかなり軽減した状態で自分の声のみを相手に届けれくれます。

これら2点から、マイク性能はかなり向上したなと感じます!

イヤホンとしてはもちろん、仕事や会議でWebマイクとして使いたい方にもおすすめです!

Appleデバイスとの連携・自動切り替えは最強

Appleデバイスとの連携・自動切り替えは最強

AirPodsProからの機能ですが、同じAppleIDにログインしているiPad、Macで音を再生したときに、自動的にAirPodsProの接続が切り替わる機能があります。

初代AirPodsProではこの切り替えにミスること多かったのですが、AirPodsPro2では切り替えミスすることなく使うことができています。

これは新しく搭載されたH2チップのおかげなんでしょうかね。

iPhoneとしか接続しない人にはあまり恩恵のない機能ですが、複数のApple製品を使っている方にはかなり使いやすいイヤホンです。

ちゃんもぐ
ちゃんもぐ
Apple製品の連携に関しては当たり前ですがAirPodsPro一強ですね(笑)。全てがスムーズですし、他のイヤホンが越えられない壁なのかなと。

電池の持ちは体感レベルでも良くなっている

発表されているスペック的にもイヤホン単体で1.5時間、ケース込みで6時間再生時間が伸びているのですが、実際に一日使いっぱなしにしてみても電池の持ちが良くなったことを実感しました。

参考までに主要なイヤホンの連続再生時間は以下のとおりです。

イヤホンの種類 連続再生時間 合計再生時間
初代AirPodsPro 4.5時間 24時間
AirPodsPro2 6時間 30時間
Sony WF-1000XM4 8時間 24時間
Anker Soundcore Life P3 7時間 35時間
MOMENTUM True Wireless3
7時間 28時間

AirPodsPro2は電池の持ちに関しては「ぼちぼち」のレベルではあるんですが、初代AirPodsProは結構電池切れる印象あったので、6時間も使えれば十分だなと感じます

ワイヤレス充電ならLightning端子は気にならない

ワイヤレス充電ならLightning端子は気にならない

Appleの新製品発表会では「またLightningかよww」という意見で溢れていましたが、ワイヤレス充電を使えば端子は全く気にならないです。

Ankerの充電器なら1,000円程度で購入できるので、これまでワイヤレス充電を使ったことない方もぜひ導入してみて下さい!

帰ってきて決まった場所に置くだけで充電されているっていうのは、思っていた以上に楽で便利です(笑)。

イヤホン本体の音量調整は別になくてもいい

イヤホン本体の音量調整は別になくてもいい

人によってはこの機能が神だろ!という人もいると思うんですが、個人的にはイヤホン本体で音量調整できなくても何も困ることはないなと思いました。

AirPodsPro2は基本的にiPhone(もしくは手元にあるApple製品)と接続するので、必ず端末が近くにある状態なんですよね。

音量を細かく変えることってそんなにないので、本体で調整できることは個人的にはどうでも良い機能でした。

ちゃんもぐ
ちゃんもぐ
これを待ち望んでいた方もいると思うので、あくまでそういう意見もあるのか〜という1意見として参考にしていただければと!

AirPodsPro2でカスタマイズしておきたい設定

カスタムオーディオ(ヘッドフォンの調整)は必須

カスタムオーディオ(ヘッドフォンの調整)は必須

アクセシビリティの「オーディオ/ビジュアル」から、ヘッドホン調整という項目に進むと「オーディオカスタム設定」という項目が現れます。

この項目は流れてくる音質を自分好みのものに調整できる機能で、これをやるのとやらないのでは聞こえ方が全然違ってきます。

AirPodsPro2を購入したらまずは「カスタムオーディオ設定」から変更しましょう!

ノイキャン→外音取り込みの設定

ノイキャン→外音取り込みの設定

イヤホンを長押しした際の「ノイズキャンセリング」と「外音取り込み」の切り替えに「オフ」を入れるかという設定です。

ここに関しては好みもあるかもですが、私は「オフ」を外してノイキャンと外音取り込みのみにしています。

イヤホンをしていて人と話す際によく変更する部分なので、自分の使いやすい設定を行いましょう。

長押しの感覚を「最短」に

長押しの感覚を「最短」に

上記のノイキャンと外音取り込みの設定を切り替えるには、AirPodsPro2の本題を長押しする必要があります。

初期設定だと長押しの感覚がめっちゃ長く感じるので、「最短」に変更することをおすすめします。

長押しする時点で目的は決まっているので、感覚は短いほうが快適かなと思います。

空間オーディオのパーソナライズ設定

空間オーディオのパーソナライズ設定

iOS16から追加された「空間オーディオのパーソナライズ」も必ず行っておきましょう。

具体的には自分の顔と耳を撮影して、その形に合わせて音を出してくれるようです。

これをやる前と後では、空間オーディオ対応音源・映像の聞こえ方が違います(笑)。

イコライザで好みの音質を見つける

イコライザで好みの音質を見つける

AirPodsPro2は細かくイコライザをいじることができませんが、ざっくりなら調整することが可能です。

普段聞く音楽に合わせてもいいですし、低音や高音を増やす・減らすでもいいので、自分の好みの音質を見つけましょう!

初代AirPodsProから買い換えるべきか?

初代AirPodsProから買い換えるべきか?

個人的に、現行のAirPodsProもかなり完成度の高いイヤホンだと思っています。

音質はそこそこですが、Apple製品との連携や他社製品と比べても抜きん出るほど強力なノイズキャンセルなど、生活を豊かにしてくれるのは間違いありません。

AirPodsPro2では「音質」「ノイズキャンセル」「外音取込」これら全てがパワーアップしていますが、わざわざ買い換えるほどの激的な進化とは個人的には思いませんでした。

4万円ですからね(苦笑)。仮に初代を下取りに出せば実質25,000円くらいでしょうか。この差分を考えると…どうでしょう(苦笑)。

これからAirPodsProが欲しいという方は2を買ったほうがいいですが、初代AirPodsProを持っている方は買い換える必要はないかなと感じています

ちゃんもぐ
ちゃんもぐ
もちろん、お金に余裕がある方は買い替えてると思うのですが(笑)。良くなるということよりも、今使っている初代AirPodsProに何か不満があれば買い、特に気になる点がなければ買い替え不要という基準でいいのかなと。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥39,800
(2022/09/30 22:24:59時点 Amazon調べ-詳細)

AirPodsPro2におすすめのケース・アクセサリ

ESRのシリコンケース

AirPodsにまでケースとかいらないだろ〜と、初代AirPodsをずっと裸のまま使ってたんですが、ケースが白いこともありしばらく使ってると汚れが気になってくるようになったんですよね。

AirPodsProは安くてもいいからケースをつけて売るときに減額されないように綺麗に使おうと思って最初に買ったのがESRのシリコンケースです。

ワイヤレス充電も問題なくすることができ、リュックやポーチに引っ掛けることもできることから重宝しています。

「見た目とかどうでもいいからとにかく傷から守りたい」という方におすすめですよ!

ハミィのiFaceシリコンケース

created by Rinker
Hamee(ハミィ)
¥2,200
(2022/10/01 06:26:56時点 Amazon調べ-詳細)

iPhoneケースでもおなじみのiFaceのAirPodsProケースです。

元々私もiPhoneでiFaceのReflectionケースを使っていることから、お揃いのものにしたいなと思い買ってみました。

質感はもちろんいいですし、何よりiPhoneとお揃いなのでおしゃれなものを持っている気持ちになります。あくまで気持ちですが(苦笑)。

カラー展開も豊富なので、好きな色のケースが見つかるはずです!

AZLAのイヤーピース

AirPodsProは普通のワイヤレスイヤホンと比べてイヤーピースの形状が複雑なため、耳にフィットしないという方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、AZLAのSednaEarfitです。

人の体温に合わせて形を変化・フィットするという特徴を持っているため、ほとんどの方に耳にジャストフィットします。

インナーイヤー型はイヤーピースが耳にフィットするかで音質にも大きく関わってくるため、AirPodsProに最初から付属しているイヤーピースだとなんか合わないな〜と感じている方におすすめです!

Ankerのワイヤレス充電器

私がワイヤレス充電器を導入したのは2021年なんですが、「なぜ今まで使ってこなかったんだ…」と後悔するくらいにはめちゃくちゃ便利なものでした(笑)。

ケーブルを刺す必要がなく、置くだけでいいというのがすごく楽でいいです。

iPhoneの場合は充電速度が気になって使う気になれなかったのですが、ワイヤレスイヤホンの場合は次に出かけるタイミングまでに充電されていればいい場面がほとんどなので、速度のデメリットはほぼないと感じています。

もしまだワイヤレス充電を使ったことない方は、まずはAirPodsからデビューしてみるのをおすすめしますよ!

AirPodsPro2の特徴・新機能

価格は現行と変わらず249ドル!日本円だと39,800円…

価格は現行と変わらず249ドル!日本円だと39,800円…AirPodsPro2の価格は249ドル。

AirPodsProの販売価格もアメリカでは249ドルなので、米ドルベースでは価格据え置きということなんですね。

インフレが超速度で進んでいるアメリカなので値上げあるかなと思ったんですが、ここはかなり良心的だなと思いました。

が、2022年9月は超円安状態。1ドル145円くらいになっているため、アメリカでは価格据え置きでも日本では大幅値上げの39,800円で販売されます。 

2022年7月にAirPodsProが30,580円 → 38,800円に値上げされたので、それより1,000円高い価格となっています。

こればっかりはしょうがないですね…アップル側の値上げではなく、為替の影響だということを認識しておきましょう

デザインの変更なし

デザインの変更なし

うどんの部分がなくなってイヤホン本体だけになるとか、もう少しうどん部分が短くなるとかいろんな噂・リーク情報がありましたが、実際に発表されたものは従来のAirPodsProとほとんど形の変わらないデザインでした。

充電ケースは微妙に形状が変わっているのですが、イヤホン本体はおそらくほとんど変わっていないはずです。
→発売されたら改めて確認します。

これまでAirPodsProでケースを使っていた方はそのまま使うことができます!

従来の2倍のノイズキャンセリング性能!環境音だけを除去

従来の2倍のノイズキャンセリング性能!環境音だけを除去

初代AirPodsProは2022年でもトップクラスのノイキャン性能を持っていますが、AirPodsPro2ではその性能が2倍になるとのことです(笑)。

圧倒的なノイズキャンセル性能であることは間違いないので、他社製品より抜きん出た性能に期待できます。

更に新型H2チップのおかげで不快な環境音である「工事の音」や「サイレン」の音も寄りかき消してくれるようです。

ノイズキャンセルを重要視している人には最高のイヤホンとなりそうですね。

探す機能がパワーアップ!ケースにスピーカー内蔵

探す機能がパワーアップ!ケースにスピーカー内蔵

細かい進化なのですが、充電ケースに内蔵スピーカーが搭載されました。

これにより、「探す」機能を使う際にケースから音を出すことができるようになったみたいです。

自分はまだAirPodsを無くしたことないので、この機能のありがたさが全然わかってないんですが(苦笑)。

嬉しい人には嬉しいんでしょうか?この機能いらないから少しでも安くしてほしかったです!

本体で音量調整が可能に

本体で音量調整が可能に

これまでのAirPodsProの弱点として、イヤホン本体では早送り・巻戻しだけで音量調節ができないというものがありました。

音量を調整するにはiPhoneかApple Watchで操作する必要があったんですね。

今回のAirPodsPro2では、ようやくイヤホン本体でも音量調整ができるようになったようです。

まぁ他社の製品を見ても「できて当たり前だろ(むしろなんでできないんだよ)」感はあるのですが、できるようになったということで(苦笑)。

最大6時間のロングバッテリー

最大6時間のロングバッテリー

初代AirPodsProでは4.5時間だった連続再生が、AirPodsPro2では6時間まで長くなっています。

充電ケースと組み合わせた合計再生時間も24時間から30時間へ伸びています。

競合製品と比べるとまだまだですが、ケース込みの合計再生時間は十分な長さになったと感じます。

イヤホンの種類 連続再生時間 合計再生時間
初代AirPodsPro 4.5時間 24時間
AirPodsPro2 6時間 30時間
Sony WF-1000XM4 8時間 24時間
Anker Soundcore Life P3 7時間 35時間
MOMENTUM True Wireless3
7時間 28時間

劇的な進化ではありませんが、使用時間が長くなるのは正義です。

ワイヤレスイヤホンを連続して5時間以上使い続けるということは稀だと思うので、実用には十分な長さなのかなと感じています。

マグセーフ充電に対応

マグセーフ充電に対応

iPhone12から始まったマグセーフ充電をAirPodsProでもできるようになりました。

実はこれ、2021年10月にも発表されていて、初代AirPodsProでも2021年後半に発売されたものならマグセーフに対応しています(笑)。

個人的にはワイヤレス充電ができれば十分なので、マグセーフが使えるからの恩恵は感じていません(苦笑)。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥5,930
(2022/10/01 04:53:44時点 Amazon調べ-詳細)

ケースにストラップがつけられるようになった

ケースにストラップがつけられるようになった

これは地味に嬉しい人も多そうですが、充電ケース本体にストラップをつけれるようになりました。

個人的にもこれが欲しくてケースを付けていた部分があるので、地味に嬉しいですね。

【過去分】AirPodsPro2(第2世代)の最新リーク情報と性能予想

ここから下は、AirPodsPro2の正式発表前にリークされていた情報のまとめになります。

現在はすでに正式な情報が発表されていますので、こんな情報があったんだ〜程度にお楽しみ下さい!

うどん要素が消えた新デザイン

AirPodsPro2(第2世代)の最新リーク情報と性能予想

AirPodsPro2では、従来のうどん型デザイン(笑)。が廃止され、イヤホンの部分のみのデザインになると噂されています。

うどんがあることで「脱着がしやすい」というメリットもあったので、一概にうどんがなくなってしまうのは悲しさもありますが、スタイリッシュなデザインになるのは嬉しい点ですね!

可能性は低いかもしれませんが、最近のAppleの動向を見てると、AirPodsProも多色展開される可能性があるかも…?

「Beats Studio Buds」が既に6色展開で発売されているため、カラーや形を寄せてくる可能性はありそうです。

ちゃんもぐ
ちゃんもぐ
個人的には今のAirPodsProのデザインが完成している気がするので、あまり大きく変化しなくてもいいかなと思っています(笑)。

H2(H1Pro?)チップ搭載で省電力化(連続再生時間が伸びる)

H2(H1Pro?)チップ搭載で省電力化(連続再生時間が伸びる)

現在のAirPodsProにはH1チップが搭載されており、接続の高速化や複数端末間の切り替えが高速に行えるなどのメリットがあります。

発売から3年が経とうとするAirPodsPro2では、チップ性能が更に向上され、H2チップ、もしくはH1Proチップとして登場するかもしれません。

接続の高速化や安定性の向上はもちろん、省電力化による再生時間が伸びることに期待したいです。

ちゃんもぐ
ちゃんもぐ
AirPodsProが発売された当時は、耳につけた瞬間イヤホンとスマホが繋がっているという早すぎる速度に驚愕したのを覚えています(笑)。2022年時点では競合も含めて接続速度は高速化しているため、アップル製品同士の本気を見せて欲しいところです!

ノイズキャンセル性能の更なる向上

上記H2チップの搭載により、さらなるノイズキャンセル能力の向上にも期待できます。

AirPodsProでも2022年時点で全ワイヤレスイヤホン中トップクラスのノイズキャンセル性能だと思っていますが、新型ではさらなる性能の向上や、状況に応じて

  • 雑音のみを消す
  • 高音・低音を中心に消す
  • 人の声のみ聞こえるようにする

などの高度な処理が可能になるのでは?と予想しています。

ちゃんもぐ
ちゃんもぐ
AirPodsProはノイキャンは最強ですが音質は普通なので、そこがどうなってくるのか…!
ノイズキャンセルは音質とのトレードオフになるので、どこまでバランスを取ってくるかは楽しみな部分です!

ロスレスオーディオ(ALAC)に対応

ロスレスオーディオ(ALAC)に対応

Appleは2021年にAppleMusicで「ロスレスオーディオ(ハイレゾ・ALAC)」の配信を開始しました。

ロスレスオーディオはCDの6.5倍の情報量を持ったデータと言われており、超高音質で音楽を楽しむことができるものなのですが、現在ロスレスオーディを100%楽しむにはDACを挟む、かつ有線接続ケーブルでないといけないという条件があります。

現在AirPodsProでは(AirPodsMaxでも)、ロスレスオーディオを最大限楽しめない状態なんですよね。

なので、AirPodsPro2自体の音質向上だけでなく、ワイヤレスイヤホンで始めてロスレスオーディオに対応したものになってほしいな…という願望です(笑)。

created by Rinker
Fiio
¥20,400
(2022/09/30 17:30:37時点 Amazon調べ-詳細)

「探す」機能が追加された小型軽量ケース

「探す」機能が追加された小型軽量ケース

2021年に発売開始されたAirTagの機能を踏襲し、ケースにも「探す」機能がつくのではないかと予想します。

「ケース自体が小型軽量化されたけど、失くしたら大変!」

「でも大丈夫!AirPodsPro2には探す機能が搭載されてるのですぐに見つけることができる」

というプレゼンがされるのが想像できます(笑)。

耐水性能の向上

耐水性能の向上

今のIPX4(汗とかちょっとの雨やシャワーで濡れるくらいなら大丈夫)でも十分だとは思うのですが、競合がIPX5(多少水に流されても大丈夫)に対応してたり、ものによってはIPX7(水中でも30分くらい壊れない)に対応してたりするので、耐水性能は向上させてくるのではと予想します。

そもそも濡れる場面で使うのがあまり想定できないので、今の範囲で十分だとは思うのですが(苦笑)。

耐水性能が高いに越したことはないので、ここも期待したいところです。

ちゃんもぐ
ちゃんもぐ
これ以上良くなるとすれば耐水から防水への変化ですかね?めっちゃ高くなりそうなのでこのままでいいですが(笑)。みなさんはイヤホンにどの程度の耐水性能を求めますか…?

まとめ:AirPodsPro2はバカ売れ確定のイヤホン

爆発的なヒットとなったAirPodsの新型は、予想以上の進化を遂げていました!

外音取り込みの自然さやノイズキャンセルは最強クラスで、音質もこだわりがない方には十分なくらい良くなりました。

弱点という弱点がなく、唯一あげるとしたら価格でしょうか(苦笑)。

これからワイヤレスイヤホンを買おうと持っている方には、迷わず買っていいと言えるほど完成度の高いイヤホンです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥39,800
(2022/09/30 22:24:59時点 Amazon調べ-詳細)

iPhone・iPad関連レビュー記事
▶iPhone14ProMax
【NEW】
▶MOFTスタンド
▶AirPodsPro2
【NEW】
▶AirPodsPro
▶iPhone12ProMax ▶Apple Pencil2
▶iPad Air4 ▶iPhone SE2
解説系の記事
▶iPhone13の考察 ▶検索バーを戻す方法
▶新製品発表会の解説 ▶マクロ撮影のオンオフ
▶機種変更時にやること