カメラ

【Canon】RF50mm F1.8 STMをレビュー!ポートレート作例も多数紹介

EOS R6 + RF50mmF1.8 STMの画像

2020年12月24日に、Canon RFマウント待望の撒き餌レンズ「RF50mm F1.8 STM」単焦点レンズが発売されました。

大きく重いレンズが多いRFマウントの中で際立って小型・軽量のこのレンズ。スナップ用レンズとしてはもちろん、ポートレート撮影にもおすすめです。

この記事でわかること

■誰にでもおすすめできる50mm単焦点レンズ
■小型軽量でとりあえずつけておきたいレンズ
■RF50mmF1.8の様々な作例

この記事ではRF50mm F1.8の実写レビューを紹介します。

結論から言ってしまうと、「軽い」「安い」「よく写る」。

CanonのEOS Rシステムの方はとりあえず一本持っておきたいレンズだと思いました

ちゃんもぐ
ちゃんもぐ
カメラ雑誌のようなF値ごとの解像度比較とか、MTF曲線が〜みたいなことは一切記載していません(苦笑)。あくまでカメラ好きが使ってみた感想として見ていただけたらと思います!

カメラ関連記事
▶Canon R6の設定 ▶Fvモード解説
▶中古カメラの注意点 ▶大三元レンズの作例
▶F値(絞り)解説  
製品レビュー記事
▶Canon EOS R6 ▶RF24-105mm F4L
▶RF50mm F1.8 ▶RF70-200mm F4L
▶RF16mm F2.8 ▶RF50mm F1.2L
▶アンカーリンクスとは ▶XF35mmF1.4R
▶SONY α7Ⅳ  

RF50mm F1.8 STMの基本情報

RF50mmF1.8のスペック表

RF50mmF1.8の外箱の画像
レンズ構成 5群6枚
絞り羽根枚数 7枚
最小絞り 22
最短撮影距離 0.30m
最大撮影倍率 0.25倍
フィルター径 43mm
最大径×長さ 約φ69.2mm×40.5mm
質量 約160g

※スペック情報は「Canonの公式HPページ」より引用しています。

RF50mm F1.8 STMの外観

RF50mm F1,8 STMの外観

待望の小型レンズということもあり、かなり小さいのがわかります。

RFレンズはまだまだサイズの大きいレンズが多いので、小型・軽量というだけでもかなりポイント高いです

仕事とかでない限り、カメラは持ち歩かないと意味ないですからね…。「ちょっとカメラ持っていこう」と思えることは最重要だと思っています。

【注意】レンズフードは別売り

RF50mmF1.8のレンズフードは別売り

RF50mmF1.8には付属品がありません。入っているのはレンズのみで、レンズフードは別売りとなります。

AFでレンズが繰り出すタイプですので、レンズフード無しで使用する場合はどこかにレンズをぶつけないよう注意しながら使用してください

created by Rinker
キヤノン
¥4,730
(2022/05/19 15:07:04時点 Amazon調べ-詳細)

RF50mmF1.8 STMの使用感レビュー

使ってみて感じたポイント

  • とにかく軽い
  • 軽いし小さい
  • 約26000円という安さ(EFの50mmF1.8よりは高いんだけど…)
  • 質感は思ったよりいい
  • 高価なレンズと比べると辛いが、それでも十分素晴らしい画質
  • ボケは好みが分かれるかもしれないけど普通に良いと感じた
  • 結構寄れる
  • フォーカス速度も結構早い(R6のおかげか…?)
  • AF駆動音は動画だと気になるかもしれない
  • 手ブレ補正はないのでEOS Rとかは注意が必要
  • 防塵防滴はないけどまぁこの価格だしね
  • フィルターサイズは43mm(フィルターを使う場合はステップアップリングが必要)
  • AF/MF切り替えスイッチがないのは地味に不便かもしれない
  • レンズフードなんで別売りなの…しかも地味に高い(3,000円)
  • それでも軽いし小さいからOK

軽いは正義!持ち出すのが億劫にならない

EOS R6 + RF50mmF1.8 STMの画像

RF50mmF1.8は160g、とにかく軽いです。

レンズキャップとまではいかないですが、普段からつけておくレンズとしては最適な1本だと思います。

これだけ軽いとカメラを持ち出すのも苦になりません。

またサイズも小さいため、バッグやリュックに入れる際もかさばらないのがうれしいところ。

意外と寄れる!最短撮影距離は30cm

RF50mmの作例 RF50mmF1.8

Canon EOS R6 Canon RF50mm F1.8 STM|F/1.8 1/125秒 ISO2000

このレンズは30cmまで寄れるため、テーブルフォトにも使用できます。

結構寄れるので、ご飯を食べに行った際の料理の撮影にも使えます。

RF50mmF1.8の作例

ポートレートの作例

EOS R6 RF50mm F1.8 STMポートレートの作例Canon EOS R6 RF50mm F1.8 STM|F/5.6 1/400秒 ISO100
EOS R6 RF50mm F1.8 STMポートレートの作例Canon EOS R6 RF50mm F1.8 STM|F/2.0 1/180秒 ISO400
RF50mm F1.8 STMの作例Canon EOS R6 RF50mm F1.8 STM|F/2.0 1/180秒 ISO800
RF50mm F1.8 STMの作例Canon EOS R6 RF50mm F1.8 STM|F/2.0 1/400秒 ISO100
RF50mm F1.8 STMの作例Canon EOS R6 RF50mm F1.8 STM|F/4.0 1/125秒 ISO800

テーブルフォトの作例

RF50mmの作例Canon EOS R6 RF50mm F1.8 STM|F/2.0 1/800秒 ISO400
RF50mm F1.8 STMの作例Canon EOS R6 RF50mm F1.8 STM|F/4.0 1/125秒 ISO1600
Canon EOS R6 RF50mm F1.8 STM|F/4.0 1/50秒 ISO800

まとめ:RF50mm F1.8でボケを手軽に楽しもう

価格が高く、大きく、重いレンズが多いRFマウントにようやく手軽に持ち運べるレンズが出た!というのが正直な感想です。このレンズが登場したから私もRFマウントに移行しました。

「軽い」は正義です。どんなにいいレンズを持っていても、持ち歩かなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

このレンズは「とりあえずカメラ持っていこう」と思わせてくれる軽さが特徴で、写りも2万円台のレンズとしては申し分ないと思います。

F1.8はボケを存分に楽しむことができますので、Canonミラーレスカメラの最初の1本としてはもちろん、「とりあえず一本持っておきなよ!」と自信を持っておすすめできるレンズです

カメラ関連記事
▶Canon R6の設定 ▶Fvモード解説
▶中古カメラの注意点 ▶大三元レンズの作例
▶F値(絞り)解説  
製品レビュー記事
▶Canon EOS R6 ▶RF24-105mm F4L
▶RF50mm F1.8 ▶RF70-200mm F4L
▶RF16mm F2.8 ▶RF50mm F1.2L
▶アンカーリンクスとは ▶XF35mmF1.4R
▶SONY α7Ⅳ