カメラ

【Canon】RF50mm F1.2L USMをレビュー!ポートレート作例やボケの違い

【Canon】RF50mm F1.2L USMをレビュー!ポートレート作例やボケの違い

欲しい欲しいと思いながらも購入をずっと躊躇していたCanonの最高級レンズ「RF50mm F1.2L USM」。

正直、日常使いを考慮してもRF50mmF1.8で十分かなと思っていたんですよね。小さくて軽い、写りもボチボチなので。

しかし、ふと立ち寄った写真展の作例を見て「やはりF1.2は違うな…」ということを強く感じてしまい、気付いたら手元に届いていました(笑)。

この記事でわかること

■RF50mmF1.2Lのサイズ感や所有感
■F1.2のボケ味について
■RF50mmF1.2の作例

この記事ではCANONのミラーレス一眼で最高クラスのレンズ「RF50mm F1.2L」の使用感についてレビューします。

結論からいうと、重いというデメリットはありますが、その苦労に見合う写真が撮れる素晴らしいレンズです!

ちゃんもぐ
ちゃんもぐ
いつか使いたい…と思いながらずっと縁のなかったF1.2をようやく購入できました!作例は撮影する度に追加していきますので、定期的に確認していただけますと幸いです!

【CANON】EOS R6の関連記事
▶R6レビュー ▶カスタム設定 ▶おすすめアクセ
▶Fvモード解説 ▶RF50mmF1.2 ▶RF70-200mmF4
▶RF50mmF1.8 ▶RF16mmF2.8 ▶RF24-105mmF4
【SONY】α7Ⅳの関連記事
▶α7Ⅳレビュー ▶おすすめアクセ ▶カスタム設定
▶SEL2470GM2 ▶SEL40F25G  
カメラ・写真関連記事
▶中古の注意点 ▶大三元の解説 ▶アンカーリンクス
▶F値(絞り)とは ▶SSとは ▶ISOとは

Canon RF50mm F1.2L USMの基本情報

RF50mm F1.2L USMのスペック表

RF50mm F1.2L USMのスペック表
レンズ構成 9群15枚
絞り羽根枚数 10枚(円形絞り)
最小絞り 16
最短撮影距離 0.4m
最大撮影倍率 0.19倍
フィルター径 77mm
最大径×長さ 約φ89.8mm × 108mm
質量 約950g

※スペック情報は「Canonの公式HPページ」より引用しています。

created by Rinker
キヤノン
¥348,500
(2022/10/01 09:05:59時点 Amazon調べ-詳細)

RF50mm F1.2L USMの外観

RF50mm F1.2L USMの外観

RF50mm F1.2のレンズは、なんといってもF1.2という圧倒的な明るさ故にサイズが大きいです(苦笑)。

長さとしてはRF24-105mm F4やRF70-200mmF4といったCANONのミラーレス小三元レンズと同等のサイズです。

サイズというよりは重さが気になるかもしれないですね…。主要RFレンズとの重さの比較は以下のとおりです。

RFレンズ 重量
RF50mm F1.2L 約950g
RF50mm F1.8 約160g
RF14-35mm F4L 約540g
RF24-105mm F4L 約700g
RF70-200mm F4L 約695g
RF15-35mm F2.8L 約840g
RF24-70mm F2.8L 約900g
RF70-200mm F2.8L 約1,070g

流石に望遠のF2.8よりは軽いものの、大三元レンズとほぼ同等以上の重さがあることを考えると中々重いですよね…。

正直気軽に普段から持ち運べる重さではないとは思います。

しかし描写力は圧倒的ですので、失敗できない撮影・気合を入れてい撮影では大活躍してくれます

もちろん、重さなんかより写り優先だ!という方には超おすすめです(笑)。

付属品はレンズフードとレンズポーチ

付属品はレンズフードとレンズポーチ

RF50mm F1.2L USMには、レンズフードとレンズポーチが付属しています。

レンズフードもデカイですね(苦笑)。逆光耐性の高いレンズなので、気軽に外に持ち運びたいときはレンズフードをつけないという選択肢があっても良いような気もします。

レンズポーチについてはいつも言ってますが、自分は全然いらないのでポーチ分の代金を安くしてほしいです(笑)。

これ、アクセサリーとして購入すると6,050円もするみたいなんですよね…。いや、いらんて(笑)。

EOS R6にRF50mm F1.2L USMを装着した状態

レンズフードなし

レンズフードなし

レンズフードなしの場合は、めちゃくちゃバランス良いなと感じます。

持った感じ確かにずっしり来るんですが、重量のバランスが良いのか「めっちゃ重いな…」とは感じないですね。

ちなみにR6(680g)とRF50mmF1.2(950g)を装着した際の重量は、約1,630g(約1.6kg)です。

数字で見ると重いな(苦笑)。

レンズフードあり

レンズフードあり

流石にレンズフードをつけるとデカイですね(苦笑)。

フードに関しては24-105mmよりも大きいので、スナップや普段の持ち出し用レンズとしては若干気になるかなといったところです。

EOS R6でRF50mm F1.2L USMを使った使用感レビュー

使ってみて感じたポイント

  • 重いけど嫌な重さじゃない
  • R6に付けた感じはホールドしやすく取り回しやすい
  • F1.2が決まったときの解像感は感動する(笑)
  • 瞳AFのおかげでF1.2でも全然ピント大丈夫
  • ボケもめちゃくちゃ綺麗
  • AF音は若干気になる(動画は無理そう)
  • テーブルフォトの場合はもう少し寄りたい場面がある
  • フィルターサイズ77mmで小三元と使い回せるのが嬉しい
  • ポートレートレンズとして最強

F1.2のボケ味は一度経験したら抜け出せない

F1.2のボケ味は一度経験したら抜け出せない

このレンズの特徴は、なんといってもF1.2のボケ味です。

言葉で表現するのが難しいんですが、すごくなめらかなボケで、RF50mmF1.8のボケとは全然違うというのがひと目で分かるレベルです(F1.8のボケはややうるさいというか…)。

このボケを経験してしまうと、重くてもこのレンズを持っていこうと思わされます(笑)。

目的が明確に決まった撮影はもちろんですが、(重いですが)スナップやとりあえず一本レンズつけて散歩するなんてときにもおすすめです。

77mmのフィルター径で使いまわししやすい

77mmのフィルター径で使いまわししやすい

R6にRF50mm F1.2L USMのフィルター径は77mmと、RFの小三元レンズとフィルターを使い回す事ができます。

保護フィルターはもちろん、人気のブラックミストNDフィルターなどを使い回せるということです。

例えば、大人気のRF24-105mmF4を持っている方は、今のフィルターをそのまま使えるため、50mmF1.2用に買い直さなくていいことになります。

個人的にはこれめっちゃ嬉しいです(笑)。

AF音は結構うるさめ

さすがにジーコジーコいうわけではないですが、動作している音は結構聞こえます。

写真撮影では全く問題ないと思いますが、動画での使用を考えている方はAF音が気になるんじゃないかなと思います。

最短撮影距離は40cm!テーブルフォトではもう一歩寄りたい

このレンズは40cmまで寄れるため、テーブルフォトにも使用できますが、一品にクローズアップするような撮影だと「もう少し寄りたいな」と思う場面があるかもしれません。

テーブルフォトでは絞ることも多いと思うので、テーブルフォトメインで撮影したい方はF1.8の方が取り回ししやすいかもしれません。

RF50mm F1.2L USMのポートレート作例

 
 
RF50mm F1.2L USMの作例Canon EOS R6 RF50mm F1.2L USM|F1.2 1/200秒 ISO200
RF50mm F1.2L USMの作例Canon EOS R6 RF50mm F1.2L USM|F1.2 1/250秒 ISO200
RF50mm F1.2L USMの作例Canon EOS R6 RF50mm F1.2L USM|F1.2 1/500秒 ISO200
RF50mm F1.2L USMの作例Canon EOS R6 RF50mm F1.2L USM|F1.2 1/800秒 ISO200
RF50mm F1.2L USMの作例Canon EOS R6 RF50mm F1.2L USM|F1.2 1/250秒 ISO200
 

RF50mm F1.2L USMのファームウェア確認方法

RFシステムはカメラ本体だけでなくレンズにもファームウェアが存在します。

レンズのファームウェアを調べるには、「レンズをカメラ本体に装着した状態で」カメラの設定からファームウェアの項目を選びましょう。

もしレンズのファームウェアが最新じゃない場合、AF制度に影響する可能性があるため、公式サイトでファームウェアをダウンロードし、レンズの情報を書き換えましょう。

まとめ:RF50mm F1.2L USMでボケを手軽に楽しもう

F1.2は元々ニコンのカメラを使っていたときから「いつか使ってみたい」と思っていたレンズでした。

まだ自分には必要ないだろう…。とは思いつつも、とろけるようなボケに魅了されてポチってしまいました(笑)。

約30万円と非常に効果なレンズですが、レンズはボディと違って10年は使い続けることができると思いますので、せっかく買ったからには使い倒してやろうと思います。

記事内でも記載してきましたが、ポートレートで特に活躍すると思いますが、スナップにも使えると思います。

悩んでいる方は悩んでいる時間がもったいないので、思い切って飛び込みましょう(笑)。

created by Rinker
キヤノン
¥348,500
(2022/10/01 09:05:59時点 Amazon調べ-詳細)

【CANON】EOS R6の関連記事
▶R6レビュー ▶カスタム設定 ▶おすすめアクセ
▶Fvモード解説 ▶RF50mmF1.2 ▶RF70-200mmF4
▶RF50mmF1.8 ▶RF16mmF2.8 ▶RF24-105mmF4
【SONY】α7Ⅳの関連記事
▶α7Ⅳレビュー ▶おすすめアクセ ▶カスタム設定
▶SEL2470GM2 ▶SEL40F25G  
カメラ・写真関連記事
▶中古の注意点 ▶大三元の解説 ▶アンカーリンクス
▶F値(絞り)とは ▶SSとは ▶ISOとは