カメラ

Canon RF24-105mm F4L IS USMをレビュー!作例やポートレート作品も紹介

R6 + RF24-105mm F4L IS USMアイキャッチ

Canonの小三元レンズの一つで大人気の24-105mmF4というレンズ。EOS Rと同時発売されたこのレンズは、Canonのミラーレスへの本気度が凝縮されたレンズと評価が高いです。

この記事ではCanonの小三元標準レンズ「Canon RF24-105mm F4L IS USM」のレビューを紹介します。

結論から言ってしまうと、買って後悔しない最高の標準ズームレンズです。気になってるなら買いましょう(笑)

EOS R6 + RF50mmF1.8 STMの画像
Canon RF50mm F1.8 STMを実写レビュー!撒き餌レンズの作例も紹介Canon(キヤノン)の撒き餌単焦点レンズ「RF50mm F1.8 STM」のレビューを公開しています。作例も掲載していますので、RF50mmF1.8の購入を検討されている方は参考にしてください。...

RF24-105mm F4L IS USMの概要

RF24-105mm F4Lのスペック

RF24-105mm F4L IS USMの外箱
レンズ構成 14群18枚
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最小絞り 22
最短撮影距離 0.45m
最大撮影倍率 0.24倍
フィルター径 77mm
最大径×長さ 約φ83.5mm×107.3mm
質量 約700g

※スペック情報は「Canonの公式HPページ」より引用しています。

EFレンズの24-105mmF4Lより約100g軽い

RFの24-105mm F4Lは、EFレンズの定番レンズでもあるEF24-105mm F4L IS II USMよりも約100g軽いです。EFは795gなのに対してRFは700gと、RF用レンズとしてうれしい軽量化が施されています。多くの方が使用頻度の高いレンズになると思うので、この軽量化はうれしい方も多いんじゃないでしょうか。

付属品はレンズフードとレンズポーチ

RF24-105mm F4L IS USMの付属品

RF24-105mm F4L IS USMにはレンズフードとレンズポーチが付属しています。さすがにこの価格帯のレンズなので、レンズフードも付いていますRF50mmF1.8についてなかったのが衝撃的だったので…

これ、レンズポーチってアクセサリーで買うと3000円弱するんですが、いらないから価格下げて欲しいと思ってるのは自分だけではないはず…(選べればいいのに)

R6に装着した様子

R6 + RF24-105mm F4L IS USM

めちゃくちゃバランスが良いですね。さすがにRFレンズだけあってEOS Rシステムとの一体感が美しいです。ズームリングを回した時の様子は次のとおり。

R6 + RF24-105mm F4L IS USMその2

赤い輪が映えますね。今までインナーズーム型のレンズを使うことが多かったので、この形を見ると「24-105F4使ってるんだな〜」って気になります(苦笑)

RF24-105mm F4 L IS USMの箇条書きレビュー

  • 安心のF4通し
  • 〜105mmの焦点距離が想像以上に便利
  • 描写性能はさすがのLレンズ、解像感はすごい
  • 24mmでも歪曲があまり気にならない
  • 手ブレ補正付きでスローシャッターも安心
  • フォーカス速度が早い
  • AF駆動音も気にならない
  • 逆光耐性が強い
  • フィルター系77mmのおかげでRF70-200mmのF2.8、F4と使い回せる

RF24-105mm F4L IS USMの良い点

F4通しで明るくボケが楽しめる

このレンズは絞りがF4通しです。焦点距離が変わってもF値が変わらないのが特徴です

集中して撮影しているとズームを使って様々な画角で写真を撮ることがあると思いますが、F値が変動するレンズだと望遠時にF値が大きくなってボケが弱くなったり、シャッター速度が遅くなり手ブレの原因になったりします。

F4通しレンズではそういった心配がないため、安心して撮影に臨むことができます。

105mmまで届く焦点距離

このレンズで一番気に入ってるのは105mmまで伸びる焦点距離です。描写力だけで見ればRF24-70mmF2.8に軍配が上がりますが、24-70mmにはない70-105mmまでの望遠側焦点距離をカバーできるのは大きいです。本来であればもう一本レンズが必要な場面でも、このレンズ一本でなんとかなる場面がかなり多くなりました。

ボケに関してはF2.8にしか出せないものがありますが、そういうときは単焦点レンズでカバーすればいいかなと思います。F4になることの明るさは、R6の高感度性能がカバーしてくれるので、R5よりもR6ユーザーにおすすめのレンズかもしれません。

手ブレ補正付きで低速シャッターも安心

RF24-105mmF4には最大5段分の手ブレ補正が搭載されています。標準域は望遠レンズに比べれば手ブレすることも少ないですが、夜の撮影や薄暗い場所での撮影では力強い味方になってくれます。ちゃんと脇を締めて撮影すれば1秒でもブレのない写真を撮ることもできます。

R6と組み合わせれば高感度に強いこともありほとんどの撮影を手持ちでもこなすことが出来ると思います。

AFが早く駆動音もほぼ気にならない

LレンズだけあってAFは爆速です。RF50mmF1.8と比較すると性能の差を感じさせられます(苦笑)またAF駆動音もほとんどしないため、動画撮影にも問題なく使用できると思います。

RF24-105mm F4 L IS USMの気になる点

EFより軽くなったとはいえ重い

RF50mm F1.8 STM + RF24-105mm F4L IS USMRF50mmF1.8とRF24-105mmF4Lのサイズ差

RF24-105mmF4はEFの24-105mmF4に比べて約100g軽くなっているのが特徴です。が、それでも700gあります。ボディは軽量化されてもレンズはやや大きいな〜というのがRFシステムの印象で、”気軽に”持っていくには少し重いのが気になるかもしれません。(もちろん出てくる絵は最高なのでトレードオフではありますが…)

(2021年3月時点)在庫は潤沢じゃない

R5やR6は在庫を見ることが増えてきましたが、未だにRFレンズは全体的に品薄です。このRF24-105mmF4も例外ではありません。せっかくいいレンズで、「試したいな」と思っても、注文してから納期が「2,3ヶ月です」って言われると萎えてしまいますね…。

Canonさんにはもう少し生産体制の安定を頑張っていただきたいです(コロナで大変だとは思うのですが…)

RF24-105mm F4L IS USMの作例

ちゃんもぐ
ちゃんもぐ
作例は順次追加していきます!

RF24-105mm F4L IS USMのポートレート作例Canon EOS R6 RF24-105mm F4L IS USM|F/5.6 1/100秒 ISO1600
RF24-105mm F4L IS USMのポートレート作例Canon EOS R6 RF24-105mm F4L IS USM|F/4.0 1/160秒 ISO800
RF24-105mm F4L IS USMのポートレート作例Canon EOS R6 RF24-105mm F4L IS USM|F/5.6 1/100秒 ISO2500
RF24-105mm F4L IS USMのポートレート作例Canon EOS R6 RF24-105mm F4L IS USM|F/4.0 1/160秒 ISO800
Canon EOS R6 RF24-105mm F4L IS USM|F/5.6 1/160秒 ISO2000
Canon EOS R6 RF24-105mm F4L IS USM|F/5.6 1/125秒 ISO2000
RF24-105mm F4L IS USMの作例Canon EOS R6 RF24-105mm F4L IS USM|F/8.0 1/125秒 ISO1600
Canon EOS R6 RF24-105mm F4L IS USM|F/4.0 1/160秒 ISO400

RF24-105mm F4L IS USMのファームウェア確認方法

RFシステムはカメラ本体だけでなくレンズにもファームウェアが存在します。レンズのファームウェアを調べるには、「レンズをカメラ本体に装着した状態で」カメラの設定からファームウェアの項目を選びましょう。

もしレンズのファームウェアが最新じゃない場合、AF制度に影響する可能性があるため、公式サイトでファームウェアをダウンロードし、レンズの情報を書き換えましょう。

まとめ:RF24-105mm F4 L IS USMは1本でほとんどの撮影をこなせる万能レンズ

標準域の幅広いレンジをF4の明るさでカバーしてくれて、描写性能も抜群。AF速度も文句なしと、まさにCanonの定番万能レンズです。EFレンズでこの焦点距離がとんでもない人気を博したように、このRF24-105mmF4もRFマウントのカメラが売れれば売れるほど需要が高まるレンズだと思います。

価格は10万円を超えますが、間違いなくいい写真を撮らせてくれるレンズです。買いです(笑)絶対後悔しないと思うので、気になった時点で購入しましょう!